口を開けば問題発言…中谷防衛相の“末期症状”に呆れる識者

公開日: 更新日:

「現在の憲法をいかにこの(安保)法案に適用させていけばいいのか」――。10日、安保関連法案を審議する衆院の特別委員会で、立憲主義を否定する冒頭のトンデモ発言をやっと撤回した中谷元・防衛相。舌の根も乾かぬうちに、この日の特別委で、再び憲法軽視の発言が飛び出した。

 昨年7月の閣議決定で、集団的自衛権の行使を容認した政府の憲法解釈について、中谷大臣は「将来的に安全保障環境が変われば解釈が再変更される可能性もある」との認識を示し、こう言った。

「時代の背景とともに、憲法で許される必要最小限度の範囲で(集団的自衛権を行使できると)政府として考えている。これからも考えていく」

 質問した民主党の寺田学議員は「(新安保法制の)法的安定性が損なわれる」と批判したが、時の政権の安全保障環境の認識ひとつで、憲法解釈を恣意的にコロコロと変えてしまうなんて、ムチャクチャな発想だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る