最高裁判決「合憲」根拠も…一票の格差判決スルーする自民党

公開日: 更新日:

 これぞ「ご都合主義」だ。衆院憲法審査会に出席した3人の憲法学者がそろって「戦争法案」を「違憲」と切り捨てた事態を受け、火消しに躍起になっている自民党。9日に提示された政府見解の前も、党内で「合憲」とする文書を配った。根拠としているのは、1959年の最高裁の砂川事件判決である。

 安倍首相もG7首脳会議サミット後の会見で、「最高裁判決に沿ったものであるのは明白」なんて威張っていたが、ちょっと待て。最高裁判決を「錦の御旗」に掲げるなら、その最高裁が繰り返し「違憲状態」として是正を求めている衆参の「一票の格差判決」に対し、安倍首相や自民党はなぜダンマリなのか。

「最高裁は10年、13年の参院選を『違憲状態』と断じ、このまま改善されない場合、来夏の参院選は『違憲・当選無効』の判決が出る可能性もあります。本来は今国会中で格差是正のための公選法改正案を成立させる必要があるのに、何も進展していません。自民党なんて、是正どころか、現行制度を正当化するために『少なくとも1人を各都道府県から選ぶ』なんてデタラメな条文を党の憲法改正草案に加えることをブチ上げました。戦争法案をめぐって、中谷防衛相が『法案に合わせて憲法を解釈するべき』と発言したのと同じ発想です」(司法記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る