「ドイツはズルイ!」 自民党が配った“憲法漫画”の呆れた主張

公開日: 更新日:

 今年4月、自民党は改憲を正当化する漫画冊子を製作した。タイトルは「ほのぼの一家の憲法改正ってなぁに?」。舞台となるのは、92歳の曽祖父から2歳のひ孫まで、親子4代が暮らす「ほのぼの家」だ。憲法記念日に突然、憲法改正を心配し始める嫁(29)に対し、周囲が安心する材料を提供していくというストーリー。これが国民をナメているというか、バカにしているというか、とんでもない中身になっているのだ。

 政治評論家の有馬晴海氏も呆れたひとり。

「名字が“ほのぼの”というところからして真剣味が感じられませんが、なぜ改憲が必要なのかといった肝心のところも、屁理屈、こじつけのオンパレード。ひどい内容です」

 たとえば、祖父は、今の憲法ができたのは昭和21年で、電話も村にひとつという時代だったと指摘。環境問題という言葉もなかったと振り返る。すると嫁は、「今の社会についてこれるのかしら?」「今の憲法ってエコじゃないのね」と驚いたりするのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る