「指南者がいる」「特定政党の系列」飛び交う根も葉もないデマ

公開日:  更新日:

 シールズには「指南者がいるんじゃないか」「特定政党の系列団体ではないか」といった噂が飛び交っている。しかし、シールズ主催の国会前集会に通っていると、根も葉もないデマなのがよく分かる。

 安保法制が衆院本会議で強行採決された16日、維新の党の井坂信彦衆院議員が国会前集会で挨拶をした。すでに民主党の枝野幸男幹事長と細野豪志政調会長、共産党の小池晃副委員長、生活の玉城デニー衆院議員や社民党の福島瑞穂前党首がマイクを握っており、井坂氏で野党5党が結集した。

 井坂氏は「与党が『対案を出せ』『対案を出せ』と言うので維新独自案を出したら、たった5時間の議論で『もう十分』と言って強行採決をした。大変、残念な思いだ」と安倍政権を批判した。

 日比谷野音での安保法制反対集会などで、野党4党が勢ぞろいすることはよくあるが、維新も含めた野党5党が結集するのは珍しい。それほどシールズには、野党を引き寄せる力がある。特定政党の系列団体であれば、これほどの“吸引力”は出せないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る