• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「指南者がいる」「特定政党の系列」飛び交う根も葉もないデマ

 シールズには「指南者がいるんじゃないか」「特定政党の系列団体ではないか」といった噂が飛び交っている。しかし、シールズ主催の国会前集会に通っていると、根も葉もないデマなのがよく分かる。

 安保法制が衆院本会議で強行採決された16日、維新の党の井坂信彦衆院議員が国会前集会で挨拶をした。すでに民主党の枝野幸男幹事長と細野豪志政調会長、共産党の小池晃副委員長、生活の玉城デニー衆院議員や社民党の福島瑞穂前党首がマイクを握っており、井坂氏で野党5党が結集した。

 井坂氏は「与党が『対案を出せ』『対案を出せ』と言うので維新独自案を出したら、たった5時間の議論で『もう十分』と言って強行採決をした。大変、残念な思いだ」と安倍政権を批判した。

 日比谷野音での安保法制反対集会などで、野党4党が勢ぞろいすることはよくあるが、維新も含めた野党5党が結集するのは珍しい。それほどシールズには、野党を引き寄せる力がある。特定政党の系列団体であれば、これほどの“吸引力”は出せないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

もっと見る