• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

撮影ヘリは救助の邪魔…決壊映像で視聴率稼ぎに走ったTV局

 10日、視聴者をくぎ付けにした茨城・鬼怒川の堤防が決壊した記録的豪雨報道。

 各局とも、瓦屋根の上で犬を抱いて救出を待つ老夫婦と、家の中から手を振る家族、そして電柱につかまって救助を待つ男性を映し出し続けた。そして自衛隊のヘリが住民を見つけ、無事に救助できるかに集中、「自衛隊のヘリが今、来ました」などと救助活動の実況中継を行った。

 しかし、多くの視聴者はそれよりもどんな被害状況、救助活動態勢になっているかを具体的に知りたかったはずだ。

「各局とも濁流にのみ込まれそうな住民を映し出すことで、視聴率アップを狙っていたとしか思えない報道でした。危険なシーンを映して煽るだけ煽ったのです。東日本大震災の時は横並び報道が後に批判され、国や各自治体の災害対策に関して報道する必要性が叫ばれましたが、その教訓がまったく生かされていなかった。それと、今回は撮影のためにヘリコプターをガンガン飛ばし、風圧が濁流を揺らしていましたが、阪神大震災のときにヘリを飛ばすと音や風が救助活動の邪魔になると指摘されていた。できればドローンを飛ばすべきで、何の工夫もなかった」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る