高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

混沌たる世界の先行きに政権は無為無策

公開日: 更新日:

 世界経済が混沌としてきた。最大の要因は、鮮明さを増す中国経済の減速だ。7~9月期の中国の実質GDPは前年同期比6.9%増にとどまった。7%を下回るのは6年半ぶりだが、中国の統計はマヤカシで実際の成長率はさらに悪いという専門家の意見は根強い。

 上海バブルの崩壊だけでなく、中国の実体経済そのものの成長も終焉を迎えそうだ。その負のインパクトはあまりにも大きい。

 世界経済は、中国が兼ね備えていた最大の貿易相手国としての一面と、最大の工場誘致先としての一面を同時に失う。つまり、輸出も生産も中国頼みという時代は終わったということだ。世界中を見渡しても中国に代わる牽引役が見当たらないだけに、世界経済は混乱に次ぐ混乱がしばらく続くだろう。

 特に混迷を深めているのは欧州だ。ドッと押し寄せる難民の数は今年、100万人を突破するとみられるが、この難民危機の対応を巡ってもEU各国は同床異夢で四苦八苦。フランスやイタリアではEUの盟主を気取るドイツへの反発も強まりつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  6. 6

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る