高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

民間投資への国家介入という暴挙

公開日: 更新日:

 国のトップであるオレが直々に会えば、財界も何とかするだろう。そんな考えなら、大間違いだ。

 首相や安倍政権の経済閣僚と経済3団体のトップらが直接、話し合う「官民対話」が官邸主導で創設された。

 16日から来春まで毎月開催する対話の席上で、政権側が財界に要請する内容は異例も異例だ。

 景気を刺激するため、民間企業に国内での設備投資を拡大させるよう求める方針だというのだ。

 国家が民間企業の投資にまで口を出すなんて、お門違いもはなはだしい。設備投資に踏み切るかどうかは、あくまで個別企業の経営判断に委ねられる。政権サイドが財界トップに「設備投資」を願い出たところで、どうこうなるシロモノでもないし、ましてや国家権力を持つ身なら、かようにロコツな政治介入を慎むべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る