対テロだけじゃない 欧州で台頭&深刻度増す「極右」との戦い

公開日:  更新日:

 欧州中が「次はウチか」と震え上がっている。フランスのバルス首相は16日、「数日あるいは数週間以内に再びテロが起きる可能性がある」と警告。次の標的はフランスとは限らず、欧州全域が狙われていると強調した。欧州全域で、テロへの怒りや不安が増幅されるほど、移民排斥を掲げ、「ネオファシズム」と呼ばれる極右政党の勢いは増すばかり。2度の大戦を経て克服したはずのナショナリズムが、今や欧州各国で再び頭をもたげている。

■話題の書が描いた「近未来」が現実に

 パリ同時テロの発生以降、ある近未来小説が改めて注目を集めている。フランスで最も権威ある文学賞「ゴンクール賞」を5年前に受賞したM・ウエルベックの最新作「服従」だ。今年1月7日、くしくもシャルリー・エブド襲撃事件と同じ日に発表された。

 作品に実名で登場するのが、極右政党「国民戦線」の女性党首、マリーヌ・ルペン氏(47)だ。フランスは2年後に大統領選を控えるが、作中ではルペン氏が過半数には至らないながら、トップに選ばれる。決選投票では現職で中道左派「社会党」のオランド大統領が他の既成政党と結託し、極右政権の樹立を拒むのだが、この設定は現実になる可能性が極めて高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る