巨額費用そっちのけ 松井知事「大阪万博」誘致の浅はかさ

公開日: 更新日:

 夢よ再び――。東京五輪の後は「大阪万博」とは、安易すぎる発想だ。

 2025年の万博誘致を目指す松井一郎府知事は21日、正式に安倍首相に協力要請することを明かした。年明けにも概要などについて説明する方針だ。19日にも都内で橋下徹前大阪市長とともに、安倍首相や菅官房長官と会談。約3時間半に及んだ話し合いでも協力を求め、安倍首相は「詳しく聞きたい」と前向きに応じた。

 今年8月、大阪府の万博誘致検討会が公表した報告書によれば、万博開催の経済効果は約2兆8859億円。それなりの収益は見込めるかもしれないが、それ以前に巨額の開催費用がかかることを忘れてはいけない。

 05年開催の愛知万博の総事業費は3460億円。跡地の公園の維持管理費に年間約10億円かかり、うち6億円は税金で賄っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る