• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「商業五輪は限界にきている」相次ぐ招致撤退に識者断言

 24年夏季五輪に立候補したハンブルク(ドイツ)が、住民投票で過半数の支持を得られずに撤退した。ドイツは、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の母国だけにIOC委員のショックは大きい。24年五輪の招致ではボストン(米国)も撤退。22年冬季五輪もミュンヘン(ドイツ)、オスロ(ノルウェー)、クラクフ(ポーランド)、ストックホルム(スウェーデン)が立候補を取りやめた。

 その理由は国によって異なるが、多額の投資や大会後の競技施設の用途が少ないことなどを住民が懸念したからだ。スポーツアナリストで、社会学者・経営学者の松野弘氏(千葉商科大学人間社会学部教授)は、「巨大なスポーツ・ビジネス市場の出現がオリンピックに対する考え方を変えてきた」と言う。

――近年、五輪招致に関して多くの都市が立候補を取りやめています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る