「商業五輪は限界にきている」相次ぐ招致撤退に識者断言

公開日:  更新日:

 24年夏季五輪に立候補したハンブルク(ドイツ)が、住民投票で過半数の支持を得られずに撤退した。ドイツは、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の母国だけにIOC委員のショックは大きい。24年五輪の招致ではボストン(米国)も撤退。22年冬季五輪もミュンヘン(ドイツ)、オスロ(ノルウェー)、クラクフ(ポーランド)、ストックホルム(スウェーデン)が立候補を取りやめた。

 その理由は国によって異なるが、多額の投資や大会後の競技施設の用途が少ないことなどを住民が懸念したからだ。スポーツアナリストで、社会学者・経営学者の松野弘氏(千葉商科大学人間社会学部教授)は、「巨大なスポーツ・ビジネス市場の出現がオリンピックに対する考え方を変えてきた」と言う。

――近年、五輪招致に関して多くの都市が立候補を取りやめています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る