市民「NO」で五輪招致断念 ハンブルクに真っ当なコスト意識

公開日:  更新日:

 国民のレベルがわかる結果だ。

 24年夏季五輪の開催都市に立候補したハンブルク(ドイツ)の招致委員会は29日、五輪招致の是非を問う住民投票の結果を発表。巨額な開催コストへの懸念などから反対する票が51.6%、賛成は48.4%。過半数の賛同を得られず、招致を断念することになった。

 ショルツ市長は10月、総額112億ユーロ(約1兆5120億円=当時のレート)とする予算計画を発表し、このうち74億ユーロ(約9990億円=同)は税金で賄う予定だった。

 招致委は、サッカーの06年W杯ドイツ大会招致における買収疑惑や五輪のドーピング騒動、国内の難民問題、テロへの懸念なども投票に影響したと指摘したが、賢明な判断ではないか。

 ドイツでは、ミュンヘンが22年冬季五輪の招致を検討しながら住民の賛同を得られず断念。米ボストンも24年五輪招致から撤退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る