壮大な税金ムダ遣い「26年冬季札幌五輪」言い出すデタラメ

公開日: 更新日:

「64年東京五輪の時とは時代が違うんですよ」

 こう話すのはスポーツジャーナリストの工藤健策氏だ。

 11日、26年冬季五輪の招致を目指すため、秋元札幌市長と高橋北海道知事が馳文科大臣を訪問。高橋知事は「オール北海道で」と意気込み、馳大臣も「地道な活動を頑張っていただきたい」と激励した。

 しかし、26年といえば、20年夏季東京五輪のわずか6年後。税金を湯水のように投入する五輪には反対意見が多い。日本は11年の東日本大震災で大打撃を受けたにもかかわらず、政府は東京五輪の準備に舞い上がっている。そこに来て札幌五輪というのだから、応援する政府も、立候補に意気込む札幌市、北海道も何を考えているのか。

 冒頭の工藤氏が言う。

「経済対策が頭打ちだから五輪で好景気を呼び込もう、という発想なのではないか。確かに64年夏季東京五輪は高度経済成長の波にうまく乗れた。しかし、98年の冬季長野五輪はどうですか。大規模な交通インフラ整備や大型施設の建設、それらの維持費もあり、長野県の財政を今も圧迫している。景気回復のためにスポーツを利用しようというのは、スポーツに対する冒涜です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る