預金金利下げ続々 「マイナス金利」余波が早くも庶民に

公開日: 更新日:

 日銀の「マイナス金利政策」導入の余波が早くも庶民生活に広がってきた。

横浜銀行」(神奈川)や「八十二銀行」(長野)の両地方銀行は1日から、1年以下の定期預金の金利を0.005%下げ、普通預金と同じ年0.020%にした。「りそな銀行」も2~5年物の定期預金の金利を0.005~0.025%引き下げ、年0.025%に設定。ネット専業の「ソニー銀行」も普通預金の金利を年0.020%から年0.001%と大幅に引き下げた。

 いずれも16日から始まる「マイナス金利政策」で長期金利が下落したのを受けた対応だが、「ソニー銀行」を例にみると、100万円を普通預金で1年間預けていても、利息はたった10円しかならないことになる。

 他の大手行も今後、足並みを揃えてくるとみられるが、マイナス金利による減収分を庶民の預金で穴埋め――と考えているようで許せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る