誰が組を仕切る? 6代目山口組“実質ナンバー2”逮捕の衝撃

公開日: 更新日:

 傘下組織からのさらなる人材流出が危ぶまれる状況で、誰が今後の山口組をまとめるのか。

「分裂騒動前なら若頭補佐で、6代目の出身母体・弘道会(名古屋)の跡目を継いだ竹内照明会長(56)がスンナリ仕切っていたかも知れません。ただ、今は竹内会長がまとめだすと、分裂の理由となった『弘道会支配』がますます強まる。これ以上、角を立てないためにも竹内会長は前面に出ず、舎弟頭で2代目伊豆組(福岡)の青山千尋組長(69)、若頭補佐で国粹会(東京)の藤井英治5代目会長(69)などを中心とした集団合議体制となりそうです」(暴力団に詳しいジャーナリストの鹿島一男氏)

 橋本会長は山口組の名門で、分裂した神戸山口組の中核を成す山健組(神戸)の出身。「山健をデカくしたのはワシ」という自負心が強く、7代目候補の最右翼と目される竹内会長との折り合いは悪かったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る