6代目山口組が組員に配った“組織防衛マニュアル”の中身

公開日:  更新日:

 12月13日、分裂後初めてとなる新年行事「事始め」を行った6代目山口組。新年度の組指針を発表すると同時に、組織防衛のための“極秘マニュアル”を組員に配布したという。直前に現役の直参組長が神戸山口組に移籍したりと、勢力拡大に危機感を募らせているためだが、本紙はマニュアルの詳細情報を入手した。

 表紙には「神戸山口組の切り崩し手法と実例」とタイトルが書かれており、実例を交えながら、神戸側の“示威行動”の分析と対策がまとめられている。

 例えば、双方の組がバッティングした後の切り崩し行為についてだ。

〈相手側の組長らは『若い衆が迷惑をかけた』と詫びの連絡を入れてきて、必ず食事の誘いの言葉をかけてくる。その際に『旧知の組長が心配していた』などと心に揺さぶりを掛けてくる〉と指摘。対策として、〈手口だと認識して強い意志を持つこと〉〈組員に報告の義務を与え、直参組長はその内容をブロック長に届けること〉とした。また、誘いを断る方法として、〈奴ら(神戸側)の携帯電話の番号を消し、知らない番号は出ないようにするのが効果的〉とすすめている。いわゆる、若者が使う“チャッキョ(着信拒否)”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る