• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6代目山口組が組員に配った“組織防衛マニュアル”の中身

 12月13日、分裂後初めてとなる新年行事「事始め」を行った6代目山口組。新年度の組指針を発表すると同時に、組織防衛のための“極秘マニュアル”を組員に配布したという。直前に現役の直参組長が神戸山口組に移籍したりと、勢力拡大に危機感を募らせているためだが、本紙はマニュアルの詳細情報を入手した。

 表紙には「神戸山口組の切り崩し手法と実例」とタイトルが書かれており、実例を交えながら、神戸側の“示威行動”の分析と対策がまとめられている。

 例えば、双方の組がバッティングした後の切り崩し行為についてだ。

〈相手側の組長らは『若い衆が迷惑をかけた』と詫びの連絡を入れてきて、必ず食事の誘いの言葉をかけてくる。その際に『旧知の組長が心配していた』などと心に揺さぶりを掛けてくる〉と指摘。対策として、〈手口だと認識して強い意志を持つこと〉〈組員に報告の義務を与え、直参組長はその内容をブロック長に届けること〉とした。また、誘いを断る方法として、〈奴ら(神戸側)の携帯電話の番号を消し、知らない番号は出ないようにするのが効果的〉とすすめている。いわゆる、若者が使う“チャッキョ(着信拒否)”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る