6代目山口組が組員に配った“組織防衛マニュアル”の中身

公開日: 更新日:

 12月13日、分裂後初めてとなる新年行事「事始め」を行った6代目山口組。新年度の組指針を発表すると同時に、組織防衛のための“極秘マニュアル”を組員に配布したという。直前に現役の直参組長が神戸山口組に移籍したりと、勢力拡大に危機感を募らせているためだが、本紙はマニュアルの詳細情報を入手した。

 表紙には「神戸山口組の切り崩し手法と実例」とタイトルが書かれており、実例を交えながら、神戸側の“示威行動”の分析と対策がまとめられている。

 例えば、双方の組がバッティングした後の切り崩し行為についてだ。

〈相手側の組長らは『若い衆が迷惑をかけた』と詫びの連絡を入れてきて、必ず食事の誘いの言葉をかけてくる。その際に『旧知の組長が心配していた』などと心に揺さぶりを掛けてくる〉と指摘。対策として、〈手口だと認識して強い意志を持つこと〉〈組員に報告の義務を与え、直参組長はその内容をブロック長に届けること〉とした。また、誘いを断る方法として、〈奴ら(神戸側)の携帯電話の番号を消し、知らない番号は出ないようにするのが効果的〉とすすめている。いわゆる、若者が使う“チャッキョ(着信拒否)”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る