• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山口組対策で警察が緊急会議 「抗争」認定でドンパチ拍車も

 警察庁は8日午後、全国警察の暴力団取り締まりや対策部門の課長らを集めた緊急会議を開く。金高雅仁長官が訓示する。指定暴力団山口組(神戸市)と分裂した神戸山口組(兵庫県淡路市)が「対立抗争」状態にあると認定したことを受けての行動だ。

 会議には同庁の刑事局長や対立抗争集中取締本部のトップを務める組織犯罪対策部長ら約90人が出席。さらなる激化が懸念される抗争事件を封じ込めるため、現場指揮官と意思統一を図るのが狙いだ。

 警察庁は分裂が発端になったとみられる発砲や火炎瓶投てきなどの事件が20都道府県で49件続き、凶悪化した事態を受けて「抗争」と認定。神戸山口組を指定暴力団にする手続きを進める一方で、今月22日には同組織の井上邦雄組長から意見聴取を行う予定だ。

 一連の抗争については今後さらにエスカレートすると予測する専門家もいる。山口組と神戸山口組が互いに相手のトップを狙撃するのではないかとの見方も出て、対立抗争の深刻さが強調されてきている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る