山口組対策で警察が緊急会議 「抗争」認定でドンパチ拍車も

公開日:  更新日:

 警察庁は8日午後、全国警察の暴力団取り締まりや対策部門の課長らを集めた緊急会議を開く。金高雅仁長官が訓示する。指定暴力団山口組(神戸市)と分裂した神戸山口組(兵庫県淡路市)が「対立抗争」状態にあると認定したことを受けての行動だ。

 会議には同庁の刑事局長や対立抗争集中取締本部のトップを務める組織犯罪対策部長ら約90人が出席。さらなる激化が懸念される抗争事件を封じ込めるため、現場指揮官と意思統一を図るのが狙いだ。

 警察庁は分裂が発端になったとみられる発砲や火炎瓶投てきなどの事件が20都道府県で49件続き、凶悪化した事態を受けて「抗争」と認定。神戸山口組を指定暴力団にする手続きを進める一方で、今月22日には同組織の井上邦雄組長から意見聴取を行う予定だ。

 一連の抗争については今後さらにエスカレートすると予測する専門家もいる。山口組と神戸山口組が互いに相手のトップを狙撃するのではないかとの見方も出て、対立抗争の深刻さが強調されてきている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る