ライセンス取得容易で増加 意外に多い“グライダー事故”

公開日:  更新日:

 千葉県栄町の民家にグライダーが墜落し、搭乗者2人が死亡した事故。住民にけがはなかったが、現場に派遣された国交省運輸安全委の航空事故調査官は18日にも、機体を茨城県河内町の大利根飛行場に移して詳しく調べるという。

 航空評論家の青木謙知氏は「大抵は下に何もないところを飛ぶので、民家に墜落するのは珍しいという印象です」と話すが、グライダー事故自体は増加傾向にある。運輸安全委によると、15年度は8件。過去10年で最も多い。

 関係者などによると、グライダーのライセンスは60万~100万円ほどで簡単に取得でき、レンタルなら1回1万円ほどで飛べるという。年1回の航空身体検査さえパスすれば“一生モノ”。新規の取得は毎年70~100件で、ライセンス取得者は累計3500人、実際に飛んでいるのは千数百人ともいわれる。

「テクニックもライセンス取得も簡単なので、大学のクラブ活動などでも楽しまれています」(青木謙知氏)

 文字通り羽を伸ばして事故を起こされたら、たまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る