• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライセンス取得容易で増加 意外に多い“グライダー事故”

 千葉県栄町の民家にグライダーが墜落し、搭乗者2人が死亡した事故。住民にけがはなかったが、現場に派遣された国交省運輸安全委の航空事故調査官は18日にも、機体を茨城県河内町の大利根飛行場に移して詳しく調べるという。

 航空評論家の青木謙知氏は「大抵は下に何もないところを飛ぶので、民家に墜落するのは珍しいという印象です」と話すが、グライダー事故自体は増加傾向にある。運輸安全委によると、15年度は8件。過去10年で最も多い。

 関係者などによると、グライダーのライセンスは60万~100万円ほどで簡単に取得でき、レンタルなら1回1万円ほどで飛べるという。年1回の航空身体検査さえパスすれば“一生モノ”。新規の取得は毎年70~100件で、ライセンス取得者は累計3500人、実際に飛んでいるのは千数百人ともいわれる。

「テクニックもライセンス取得も簡単なので、大学のクラブ活動などでも楽しまれています」(青木謙知氏)

 文字通り羽を伸ばして事故を起こされたら、たまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る