ライセンス取得容易で増加 意外に多い“グライダー事故”

公開日: 更新日:

 千葉県栄町の民家にグライダーが墜落し、搭乗者2人が死亡した事故。住民にけがはなかったが、現場に派遣された国交省運輸安全委の航空事故調査官は18日にも、機体を茨城県河内町の大利根飛行場に移して詳しく調べるという。

 航空評論家の青木謙知氏は「大抵は下に何もないところを飛ぶので、民家に墜落するのは珍しいという印象です」と話すが、グライダー事故自体は増加傾向にある。運輸安全委によると、15年度は8件。過去10年で最も多い。

 関係者などによると、グライダーのライセンスは60万~100万円ほどで簡単に取得でき、レンタルなら1回1万円ほどで飛べるという。年1回の航空身体検査さえパスすれば“一生モノ”。新規の取得は毎年70~100件で、ライセンス取得者は累計3500人、実際に飛んでいるのは千数百人ともいわれる。

「テクニックもライセンス取得も簡単なので、大学のクラブ活動などでも楽しまれています」(青木謙知氏)

 文字通り羽を伸ばして事故を起こされたら、たまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る