韓国総選挙で与党が惨敗 朴政権弱体化で対日関係に影響も

公開日:  更新日:

 13日に行われた韓国総選挙(定数300)で、朴槿恵大統領を支える与党「セヌリ党」が大惨敗だ。

 14日未明まで続いた開票作業で、公共放送のKBSは、与野党の獲得議席数の見通しを報道。それによると、与党「セヌリ党」が選挙前より24議席減らして122議席となり、過半数割れが確実となった。

 一方、野党側は、最大野党「共に民主党」が123議席(改選前102議席)で、「セヌリ党」を上回って第1党となる見通しとなったほか、第3党の「国民の党」も38議席(同20議席)と、そろって議席を大幅に伸ばした。無所属の当選は11議席。韓国で少数与党体制となるのは2000年以来、16年ぶりだ。

「セヌリ党」は、公認候補をめぐって朴大統領を支持するグループと対立グループの内部分裂が勃発、有権者の支持離れを招いた。朴大統領の求心力低下は避けられず、国会運営は極めて厳しい状況になる見通し。来年の次期大統領選に向けた党勢にも影響を与えそうだ。対日関係では、慰安婦問題をめぐる「合意の履行」の行方に注目が集まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る