強まる“上納金”圧力 北朝鮮従業員の逃亡連鎖が止まらない

公開日:  更新日:

 中国の北朝鮮レストランから従業員がまた逃げ出した。西安で働いていた3人で、すでに中国を飛び立ち、東南アジアの第三国入り。韓国を目指しているという。レストラン従業員の集団脱出はこれで2例目だ。4月には寧波の13人が逃げ、タイやラオスを経由して韓国に亡命した。国際社会による制裁強化で外貨獲得プレッシャーが強まり、「上納金の取り立てが厳しかった」などと動機を口にしていた。

 北朝鮮は36年ぶりに開いた朝鮮労働党大会で金正恩を党委員長に担ぎ、体制の引き締めを図った直後。それなのに脱北続きじゃ、金正恩のメンツは丸つぶれだ。

 コリア・レポート編集長の辺真一氏はこう言う。

「西安からの一行は党大会前の4月中に逃げ出し、タイに潜伏しているとみられています。表沙汰になった以上、北朝鮮は何が何でも脱北を阻止しようと動く。彼らの身の安全が危ぶまれるので、韓国政府は数日以内に迎え入れる見通しです。というのも、寧波からの脱北者をめぐって両国は対立を深めている。北朝鮮は韓国と結託した男性支配人が手引きして女性12人を拉致したと主張し、国際機関に働きかけて送還を要求している。西安のケースを許したら、説得力を失ってしまうので必死です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る