• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強まる“上納金”圧力 北朝鮮従業員の逃亡連鎖が止まらない

 中国の北朝鮮レストランから従業員がまた逃げ出した。西安で働いていた3人で、すでに中国を飛び立ち、東南アジアの第三国入り。韓国を目指しているという。レストラン従業員の集団脱出はこれで2例目だ。4月には寧波の13人が逃げ、タイやラオスを経由して韓国に亡命した。国際社会による制裁強化で外貨獲得プレッシャーが強まり、「上納金の取り立てが厳しかった」などと動機を口にしていた。

 北朝鮮は36年ぶりに開いた朝鮮労働党大会で金正恩を党委員長に担ぎ、体制の引き締めを図った直後。それなのに脱北続きじゃ、金正恩のメンツは丸つぶれだ。

 コリア・レポート編集長の辺真一氏はこう言う。

「西安からの一行は党大会前の4月中に逃げ出し、タイに潜伏しているとみられています。表沙汰になった以上、北朝鮮は何が何でも脱北を阻止しようと動く。彼らの身の安全が危ぶまれるので、韓国政府は数日以内に迎え入れる見通しです。というのも、寧波からの脱北者をめぐって両国は対立を深めている。北朝鮮は韓国と結託した男性支配人が手引きして女性12人を拉致したと主張し、国際機関に働きかけて送還を要求している。西安のケースを許したら、説得力を失ってしまうので必死です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る