• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北の実質ナンバー2に浮上か 将軍様の実妹・金与正の素顔

 36年ぶりに開かれた北朝鮮の朝鮮労働党大会が閉会。めぼしい人事はなかったものの、新設の最高位ポストの党委員長に金正恩第1書記がスライドし、新体制がスタートした。

 動向が注目される実妹の金与正氏は、党の中央機関である中央委員会の委員に初選出。序列43位に浮上した。党指導部に当たる政治局常務委員や政治局員に名を連ねず、取り沙汰された党宣伝扇動部副部長から部長への昇格もなかったが、10日の祝賀パレードでは兄の傍らで、かいがいしく動き回り、余裕の笑顔を振りまいていた。

■金正恩と幹部の調整役

 コリア・レポート編集長の辺真一氏はこう言う。

「公衆の面前であのような態度を取れるのは、信頼厚い身内ならではです。役職や序列は形式的なもので、陰の実力者であることは間違いない。金正恩が療養中には幹部との間に入り、連絡や調整を任され、情報を収集できる立場にもありました。かつての金正日と実妹の金慶喜のような関係で、秘書室長のような役割を果たすことになるでしょう。金正日は〈慶喜の言葉は私の言葉だ〉とまで言い、要職に就けて可愛がっていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る