エリート層が大量脱北 孤立した金正恩が強めるISとの連帯

公開日:  更新日:

 北朝鮮のエリート層が金正恩体制を見限り、韓国へ逃げ出している。昨年、アフリカに駐在していた50代外交官が妻と息子2人を連れて、朝鮮人民軍偵察総局で韓国への工作活動を担当していた大佐も脱北していたことが最近明らかになった。この大佐は軍組織では中将に相当する幹部で、北朝鮮を捨てた軍関係者では最高位だという。

 そして今月5日、中国・浙江省の北朝鮮レストランで外貨稼ぎを強いられていた30代の男性支配人と女性従業員の計13人が集団蒸発した。寧波空港から空路でタイ・バンコクへ向かい、陸路でラオス・ビエンチャン入りし、7日に韓国の仁川空港に到着。「3月の国連制裁決議後、外貨上納金の督促が続き、負担だった」などと動機を口にしているという。朝鮮半島事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏はこう言う。

「国際社会による経済制裁で外貨獲得が難しくなり、北朝鮮は上納金の取り立てを厳しくしています。中国との関係悪化で、中朝国境付近もずいぶん変わった。これまで中国は北朝鮮のメンツを立てて脱北者を追い返していたのが、このところ見逃しているとも聞きます。中国側では北朝鮮と韓国のテレビ放送も流れていたのですが、北朝鮮の放送は見られなくなった。中国当局が電波妨害をしているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る