エリート層が大量脱北 孤立した金正恩が強めるISとの連帯

公開日: 更新日:

 北朝鮮のエリート層が金正恩体制を見限り、韓国へ逃げ出している。昨年、アフリカに駐在していた50代外交官が妻と息子2人を連れて、朝鮮人民軍偵察総局で韓国への工作活動を担当していた大佐も脱北していたことが最近明らかになった。この大佐は軍組織では中将に相当する幹部で、北朝鮮を捨てた軍関係者では最高位だという。

 そして今月5日、中国・浙江省の北朝鮮レストランで外貨稼ぎを強いられていた30代の男性支配人と女性従業員の計13人が集団蒸発した。寧波空港から空路でタイ・バンコクへ向かい、陸路でラオス・ビエンチャン入りし、7日に韓国の仁川空港に到着。「3月の国連制裁決議後、外貨上納金の督促が続き、負担だった」などと動機を口にしているという。朝鮮半島事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏はこう言う。

「国際社会による経済制裁で外貨獲得が難しくなり、北朝鮮は上納金の取り立てを厳しくしています。中国との関係悪化で、中朝国境付近もずいぶん変わった。これまで中国は北朝鮮のメンツを立てて脱北者を追い返していたのが、このところ見逃しているとも聞きます。中国側では北朝鮮と韓国のテレビ放送も流れていたのですが、北朝鮮の放送は見られなくなった。中国当局が電波妨害をしているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号