滞在費払わされ取材はNG 北朝鮮に踊らされる日本メディア

公開日: 更新日:

 36年ぶりに開かれた北朝鮮の朝鮮労働党大会を報じるため、海外メディアが平壌に押しかけている。現地入りした報道陣は10カ国を数え、総勢120人以上。ところが、肝心の党大会は肩透かしで、金正恩第1書記による活動報告が注目された初日6日は取材NG。滞在費をむしり取られ、いいように扱われている。

 党大会は6日午前9時半ごろ開会。閉め出された報道陣は会場の「4.25文化会館」から100メートル以上離れた場所から外観だけを撮影。その後は、金日成主席と金正日総書記が現地指導した「3・26電線工場」を案内されたという。党大会とは全く関係のない施設だ。コリア・レポート編集長の辺真一氏はこう言う。

「詐欺に遭ったようなものです。メディアは抗議するなり、ボイコットするなり、毅然とした態度を取るべきだった。このままでは北朝鮮の宣伝につき合わされ、利用されるだけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る