日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

滞在費払わされ取材はNG 北朝鮮に踊らされる日本メディア

 36年ぶりに開かれた北朝鮮の朝鮮労働党大会を報じるため、海外メディアが平壌に押しかけている。現地入りした報道陣は10カ国を数え、総勢120人以上。ところが、肝心の党大会は肩透かしで、金正恩第1書記による活動報告が注目された初日6日は取材NG。滞在費をむしり取られ、いいように扱われている。

 党大会は6日午前9時半ごろ開会。閉め出された報道陣は会場の「4.25文化会館」から100メートル以上離れた場所から外観だけを撮影。その後は、金日成主席と金正日総書記が現地指導した「3・26電線工場」を案内されたという。党大会とは全く関係のない施設だ。コリア・レポート編集長の辺真一氏はこう言う。

「詐欺に遭ったようなものです。メディアは抗議するなり、ボイコットするなり、毅然とした態度を取るべきだった。このままでは北朝鮮の宣伝につき合わされ、利用されるだけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事