都知事選に“貸し”? 小池百合子氏「公明候補応援」の狙い

公開日: 更新日:

 参院選(7月10日投開票)の公示後、初の選挙サンデーを迎えたきのう(26日)の兵庫選挙区(改選数3)。自民、民進、共産、おおさか維新、公明など7人の候補者が立つ大激戦区は、与野党とも大物国会議員を応援演説に投入。中でも注目を集めたのが、東京都知事選(7月14日告示、31日投開票)の出馬が取り沙汰されている小池百合子元防衛相(63)だ。

「久々に帰ってきました」――。公明が24年ぶりに公認で擁立した女性候補の隣で、声を張り上げた小池。兵庫は自民党本部が公明候補の推薦を決めた選挙区のひとつ。兵庫出身でもある小池氏は過去の衆院選で、旧兵庫2区や兵庫6区で当選しているから、“適任”と送り込まれたのだろう。だが、永田町からはこんな声も漏れてくるのだ。

「兵庫を最重点区と位置付ける公明は、女性学会員を全国から動員している。そこで小池氏が懸命に公明候補を応援すれば学会員の印象は悪くないだろう。公明や女性学会員は代々、東京都知事選を重要な選挙とみているから、アピールできれば都知事選でも見返りが期待できるかもしれない。まあ、そんなスケベ心を少しぐらい持っても不思議じゃない」(与党国会議員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る