敵対勢力をさらし者に トルコ大統領“恐怖政治”で人権侵害

公開日: 更新日:

 クーデター未遂を受け、トルコのエルドアン大統領が敵対勢力の一掃に乗り出し、独裁色を強めている。死刑制度の復活を叫び、警察官や地方自治体幹部ら1万人超を停職処分。兵士など軍関係者8000人近くを拘束し、パンツ一枚の姿にし、学校の体育館みたいな場所に寝転がせている写真を海外メディアが大きく報じた。ネット上で騒ぎになっているが、イラク戦争後に米軍がグアンタナモ収容所で捕虜に行ったような人権侵害が堂々と行われているのだから、当然だろう。

 現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏が言う。

「公務員の大量馘首は、米軍統治下のイラクでも行われました。その後、どうなったか? 解雇された人々は政府に反感を抱き、ISに参加したりしました。恐らく、トルコも同じような状態に陥るでしょう。イスラムの男性は誇りが高い。裸にして、辱めを与えたエルドアン大統領を決して許さない。ISに合流する者、クルド人など少数民族の反政府組織と手を組む者がきっと出てくると思う。大統領もそれが分かっているから、猜疑心を強め、周辺を自分が信頼する側近で固める。自らの安全にしか注意が及ばなくなり、国民生活への配慮が乏しくなる。トルコの人権状況がいっそう険しくなることが予想されます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る