銃乱射テロで勢い 「トランプ大統領誕生」加速するのか

公開日: 更新日:

 それみたことか――次期大統領の有力候補とされる共和党のトランプが気勢を上げている。

 米フロリダ州オーランドのナイトクラブで男が銃を乱射し、米史上最悪の49人が死亡したテロ事件を受けて声明を発表。「イスラム過激派のテロリストから攻撃を受けた。(容疑者は)アフガニスタンからの移民の息子だ」と指摘。以前から主張してきた「イスラム教徒の一時入国禁止」の正当性を主張した。

 民主党のヒラリーも声明を出し、銃規制の必要性を強調。しかし、ヒラリーが「イスラム過激派」という言葉を避けていることをトランプは批判。「クリントン氏は大統領選から撤退すべきだ」と攻め立てた。国際ジャーナリストの堀田佳男氏はこう言う。

「テロ事件を受け、トランプ氏が勢いづいているのは間違いありません。これまで、リベラルな発言を繰り返し、厳しい対応を取ってこなかったオバマ大統領やヒラリー氏に対し、国民には“あきらめ”が広がっている。ならば、『一度はトランプ氏にやらせてみるか』という心情になっています。ただし、米国内にいる全てのイスラム教徒を国外に出すのは不可能。もし、一時的に入国を禁止すれば、すでに米国内にいるイスラム教徒の反発は必至です。再びテロが起こる日は遠くありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る