銃乱射テロで勢い 「トランプ大統領誕生」加速するのか

公開日: 更新日:

 それみたことか――次期大統領の有力候補とされる共和党のトランプが気勢を上げている。

 米フロリダ州オーランドのナイトクラブで男が銃を乱射し、米史上最悪の49人が死亡したテロ事件を受けて声明を発表。「イスラム過激派のテロリストから攻撃を受けた。(容疑者は)アフガニスタンからの移民の息子だ」と指摘。以前から主張してきた「イスラム教徒の一時入国禁止」の正当性を主張した。

 民主党のヒラリーも声明を出し、銃規制の必要性を強調。しかし、ヒラリーが「イスラム過激派」という言葉を避けていることをトランプは批判。「クリントン氏は大統領選から撤退すべきだ」と攻め立てた。国際ジャーナリストの堀田佳男氏はこう言う。

「テロ事件を受け、トランプ氏が勢いづいているのは間違いありません。これまで、リベラルな発言を繰り返し、厳しい対応を取ってこなかったオバマ大統領やヒラリー氏に対し、国民には“あきらめ”が広がっている。ならば、『一度はトランプ氏にやらせてみるか』という心情になっています。ただし、米国内にいる全てのイスラム教徒を国外に出すのは不可能。もし、一時的に入国を禁止すれば、すでに米国内にいるイスラム教徒の反発は必至です。再びテロが起こる日は遠くありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る