安倍首相が分断工作か 石破氏固辞で進次郎氏“初入閣”検討

公開日: 更新日:

 3日実施予定の内閣改造・自民党役員人事で、石破茂・地方創生相が閣外に出る意向を固めた。

 安倍首相は農相や防衛相など複数のポストを提示し、閣内残留を打診したが、石破氏は固辞。周囲には「自民党には多様な考え方があることを国民に分かってもらう必要がある」と語っているようで、今後は「ポスト安倍」を見据え、現政権との対立軸や自身の政権構想づくりに力を入れる考えだ。

 すでに麻生財務相と菅官房長官の留任が決定。岸田外相、塩崎厚労相、石井国交相、高市総務相、遠藤五輪相も続投するとみられる。石原伸晃経済再生相は、都知事選で自民推薦候補の惨敗を喫した責任を取って閣外に飛ばされるかと思いきや、ちゃっかり留任の方向だ。

 どっちらけ改造人事で唯一の話題は「プリンス」の処遇だ。石破氏の「残留固辞」で、党内きっての人気者、小泉進次郎・衆院議員のポストが改めて注目される。現在は党農林部会長を務める進次郎氏は石破氏を慕っており、閣外に出た石破氏と連携を図れば、安倍首相にとっては脅威だ。

 そこで進次郎氏を改造人事で閣内に取り込み、分断工作を検討しているとの見方も出ている。官邸筋の間では具体的なポストも取り沙汰されているが、はたして進次郎氏の決断は?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  2. 2

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  9. 9

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  10. 10

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る