安倍首相が分断工作か 石破氏固辞で進次郎氏“初入閣”検討

公開日:  更新日:

 3日実施予定の内閣改造・自民党役員人事で、石破茂・地方創生相が閣外に出る意向を固めた。

 安倍首相は農相や防衛相など複数のポストを提示し、閣内残留を打診したが、石破氏は固辞。周囲には「自民党には多様な考え方があることを国民に分かってもらう必要がある」と語っているようで、今後は「ポスト安倍」を見据え、現政権との対立軸や自身の政権構想づくりに力を入れる考えだ。

 すでに麻生財務相と菅官房長官の留任が決定。岸田外相、塩崎厚労相、石井国交相、高市総務相、遠藤五輪相も続投するとみられる。石原伸晃経済再生相は、都知事選で自民推薦候補の惨敗を喫した責任を取って閣外に飛ばされるかと思いきや、ちゃっかり留任の方向だ。

 どっちらけ改造人事で唯一の話題は「プリンス」の処遇だ。石破氏の「残留固辞」で、党内きっての人気者、小泉進次郎・衆院議員のポストが改めて注目される。現在は党農林部会長を務める進次郎氏は石破氏を慕っており、閣外に出た石破氏と連携を図れば、安倍首相にとっては脅威だ。

 そこで進次郎氏を改造人事で閣内に取り込み、分断工作を検討しているとの見方も出ている。官邸筋の間では具体的なポストも取り沙汰されているが、はたして進次郎氏の決断は?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る