日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ついに本音か 石破地方相が応援演説で“アベノミクス批判”

 うっかり口を滑らせたのか、あるいは本音が口をついたのか。参院選候補の応援で岩手入りした石破地方創生相の発言が波紋を広げている。

 29日午前、盛岡駅前でマイクを握った石破大臣は、アベノミクスをこう評したのだ。

「大胆な金融政策で円を安くし、輸出を伸ばし、株を上げてきた。そして、財政出動で公共事業を行い、経済が停滞しないようにした。しかし、大胆な金融緩和はいつまでもいつまでもできるものではない。財政出動もいつまでもどこまでもできるものではない」

 要するに「異次元の金融緩和」と「財政出動」で回してきたアベノミクスの限界を暴露し、「アベノミクスのエンジンを最大限ふかす」とかいう主張で選挙戦を乗り切ろうとしている安倍首相を、真っ向から否定したようなものだ。

 現地で取材したジャーナリストの横田一氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事