日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年金運用5兆円赤字でも GPIFトップの年収は「3131万円」

 盗っ人猛々しいとはこのことだ。総務省が23日公表した2015年度の独立行政法人(独法)役職員の給与水準で、99法人のうち、理事長らの年間報酬が最も高かったのが「年金積立金管理運用独立行政法人」(GPIF)だったことが分かった。

 GPIFのトップの報酬は「3131万円」で、次いで高かった国立病院機構の「2304万円」を830万円近く上回っていた。

 GPIFは15年度の運用実績で5兆3098億円の損失を計上。今年8月末に発表した16年4~6月期の運用実績でも、5兆2342億円の赤字を出している。国民の大事な老後資産に「穴」をあけながら、トップが何ら責任も取らずガッポリなんて許せないだろう。

 総務省はGPIFの給与水準について「妥当性は担保されている」なんて言っているが、デタラメ過ぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事