移転延期で損失26億円 築地仲卸業者「年末倒産」急増か

公開日:

 今週末、政経塾「希望の塾」の2回目の講義に臨む小池都知事。マスコミはまた小池知事を追い掛け回すのだろうが、築地市場の仲卸業者は知事に対し「我々への説明が先だろう。ふざけるな」と怒っている。今月7日に開業するはずだった豊洲市場は、盛り土問題で移転時期が見通せなくなり、負担が重くのしかかっているからだ。

 豊洲市場の維持費は、光熱費や警備費に1日あたり約500万円かかるとされるが、これはあくまで都の負担分だ。ある仲卸業者が言う。

「当社は今月7日の開業に照準を定めて冷凍施設の“冷やし込み”を続けてきました。今やめると冷凍庫が結露して壊れてしまうため、運転を止められません。今後、電気代と豊洲市場の借地料が合わせて毎月1000万円近くかかります。他にも輸送機器など既に購入した設備の請求書が次々に回ってくる。もともと経営状態がギリギリだったため、手元のキャッシュがどんどん枯渇していきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る