• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移転延期で損失26億円 築地仲卸業者「年末倒産」急増か

 今週末、政経塾「希望の塾」の2回目の講義に臨む小池都知事。マスコミはまた小池知事を追い掛け回すのだろうが、築地市場の仲卸業者は知事に対し「我々への説明が先だろう。ふざけるな」と怒っている。今月7日に開業するはずだった豊洲市場は、盛り土問題で移転時期が見通せなくなり、負担が重くのしかかっているからだ。

 豊洲市場の維持費は、光熱費や警備費に1日あたり約500万円かかるとされるが、これはあくまで都の負担分だ。ある仲卸業者が言う。

「当社は今月7日の開業に照準を定めて冷凍施設の“冷やし込み”を続けてきました。今やめると冷凍庫が結露して壊れてしまうため、運転を止められません。今後、電気代と豊洲市場の借地料が合わせて毎月1000万円近くかかります。他にも輸送機器など既に購入した設備の請求書が次々に回ってくる。もともと経営状態がギリギリだったため、手元のキャッシュがどんどん枯渇していきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る