都議会まるでやる気なし 豊洲問題特別委“開催ゼロ”の真相

公開日: 更新日:

 東京都議会は何をモタモタしているのか。今や都民だけでなく、国民がコトの成り行きを注視している豊洲新市場の移転問題。真相を解明するべく先月13日、都議会に「豊洲問題特別委員会」が設置されたのだが、1カ月近く経った今も解明どころか、特別委開催のメドすら立っていない。一体なぜ、特別委は開かれないのか。そこには「移転推進」という自民の“本音”が透けて見える。

 先月28日、都議会共産党などが「豊洲問題特別委員会の早期開会」を求める申し入れを特別委あてに行ったが、何ら進展なし。さらに今月1日には、8日の「経済・港湾委員会」の開催延期も決まった。豊洲問題に対して、都議会にはまるでやる気が感じられない。代表質問や一般質問で、各会派の議員が都の対応を厳しく追及していたのがウソのようだ。調査はなぜ、進まないのか。

■カギ握る山崎委員長は「移転推進派」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る