“残業隠し”の朝日新聞 長時間労働の実態を現役社員が激白

公開日: 更新日:

 9日、日刊ゲンダイが報じた朝日新聞社の出退勤記録改ざん問題。上司が部下の“労働時間”を無断で数十時間短く見せかけていた。同社は改ざんの事実を認めつつも、「働き過ぎが懸念される社員に対しては産業医面談を勧めている」(広報部)と反論したが、現役中堅記者Aさんは「記者は劣悪な環境で、過酷な長時間労働を強いられている」と激白する。

 Aさんは多い時で時間外労働が月300時間を超えたこともあるという。

「地方選挙を担当した時のことです。公選法では選挙活動は朝8時から夜8時ですが、早朝5時に候補者が墓参りするところから、夜8時に選挙事務所に戻るまで付きっきり。支局に戻れるのは夜10時です。それから地方版のお知らせ記事を5本ほど書き、繁華街へ。候補者の秘書がお酒を飲んでいるからで、ネタをもらうチャンスなのです。午前3時、また支局に戻って、それからテープ起こし。そんな生活が40日間続き、最後はソファでぶっ倒れました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    "残念"な性格を知っているからこそ松坂桃李は挑み続ける

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る