• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大企業も続々導入 「65歳定年延長」で割食う現役組の過酷

 喜んでばかりもいられない。みずほやホンダ、サントリーなどの大企業で相次ぐ定年延長は、みんなにハッピーではないようだ。

 政府は、2025年までに厚生年金の支給開始年齢を65歳に引き上げる方針だが、現状は7割の企業が60歳定年。無年金・無収入を避けるため、企業に高齢者の継続雇用を促す法律を導入。その流れを受け、今後、60歳から65歳以上に定年を延長したり、定年そのものを廃止したりする企業が増えそうだが、“これで一安心”とはならないのだ。

 人材コンサルタントの菅野宏三氏が言う。

「60歳定年だった企業では定年延長により、60~65歳の人件費を確保する必要があります。その影響を受けて、現役世代の昇給が抑えられる可能性が高い。これまでは、50歳が昇給のピークでしたが、そのピークが40代に早まった上、金額も縮小されるでしょう。でないと、定年延長分の人件費を工面できない。定年延長でワリを食うのは、40代、50代の現役世代です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る