• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

朝日新聞でも“残業隠し” 上司が出退勤記録を勝手に改ざん

 違法な長時間労働で家宅捜索を受けた「電通」で、100時間以上も過少申告していた社員が少なくとも30人以上いることが判明。組織ぐるみの残業隠しが次々と明らかになった。だが、これは電通に限った話ではなさそうだ。

 朝日新聞社の編集局勤務の社員A氏が申告した出退勤時間の記録を、本人に断りなく、上司が勝手に短く改ざんしていたことが分かった。

 日刊ゲンダイが入手した朝日新聞労組の機関紙(10月21日付)によると、今年3月の出退勤記録155時間30分が99時間に、4月の153時間10分も119時間40分に改ざんされていた。5月、A氏が労組に「上司によって無断で修正された」と相談。本人がコピーしていた記録と最終承認記録が一致しなかったため、問題が発覚した。

 朝日新聞社の就業規則では、みなし労働時間制の職場については出退勤記録が100時間以上となった場合、〈産業医等による面接指導、または面接指導に準ずる指導を受けられる〉となっている。また同じく120時間以上なら、〈健康チェックができる自己診断書を配布〉している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る