“パクリ疑惑”再燃封じ? トランプWWE女帝入閣構想の狙い

公開日:

 嫁さんを“人質”に取ったのは疑惑再燃の阻止が狙いか――。仰天人事に世界中のプロレスファンがそう感じている。

 トランプ次期米大統領が7日、中小企業局長官にプロレス団体「WWE」のリンダ・マクマホン前CEOを指名した。実は彼女の夫で、WWE会長のビンス・マクマホン氏とトランプは因縁浅からぬ仲だ。きっかけは2004年ごろ。トランプが自らホストを務めたバラエティー番組で、「You are fired(お前はクビだ)」という決めゼリフをはやらせたこと。

「実はこの言い回し、もともとは自身もリングに上がるビンス会長がマイクパフォーマンスで連発したもの。ビンス会長は『あれは俺のパクリだ!』とカミつき、トランプ氏をWWEのリング上に引きずり出したのです」(プロレス愛好家)

 2人の抗争劇は07年の「バトル・オブ・ザ・ビリオネアズ(億万長者同士の戦い)」で決着。トランプはカツラと疑ったビンス会長が髪切りマッチを仕掛けるも、トランプの代理レスラーに返り討ちに遭い、逆にバリカンを入れられてツルッパゲになるというオチだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る