1日5600万円 トランプ次期大統領の警備費用にNY市長悲鳴

公開日: 更新日:

 来年1月の正式就任までの間、ほとんどの時間を自宅があるNYのトランプタワーで過ごしているトランプ次期大統領。

 だが、ここにきて警備を引き受けているデブラシオNY市長が5日の会見で、オバマ大統領と連邦議会に対し、警備費用の負担について“泣きの手紙”を送ることを明らかにした。

〈密集地区で狭い道、すぐに渋滞する状況で、NYの警察官が安全のため24時間奮闘している。交通警官をはじめ軍服姿の将校まで、多くの要員が残業を強いられている。市には多くの余分な費用が発生している〉

〈大統領就任以降も警護は続くようだ。少なくとも(トランプの)10歳の息子バロン君が学校を出るまでといわれている〉

〈これまで連邦政府は、外国の高官や大使、大きな国のイベントに費やしたコストを市に払い戻してきてくれた。2004年の共和党大会の時も負担してくれた〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  10. 9

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る