ハンバーガーにプロレス…トランプ閣僚にまた“変わり種”

公開日: 更新日:

 米国のトランプ次期政権の閣僚人事で、またも“変わり種”が登場だ。

 環境保護局長官に温室効果ガス削減に反対するオクラホマ州のスコット・プルイット司法長官(48)を起用したのに続いて、労働長官に最低賃金引き上げなど労働者保護政策に反対してきたファストフード大手CKEのアンディー・パズダー最高経営責任者(66)が決まった。

 CKEはハンバーガーチェーン「カールスジュニア」を展開。セクシーなビキニ姿の女性を使ったテレビCMを流し、「女性を商品化している」と批判を浴びたこともある。

 また、閣僚ポストの中小企業局長に決まったリンダ・マクマホン(68)はプロレス団体WWEの前最高経営責任者。マクマホンは夫ビンス・マクマホンとWWEを設立。プロレス興行に参加したことがあるトランプとビンスが2007年、お互いの代理レスラーを戦わせる「ビリオネア対決」を行い、勝利したトランプがリング上でビンスを丸刈りにした因縁がある。

 トランプは国防長官、国土安全保障長官、安全保障担当大統領補佐官に元将軍を起用。そのコワモテ姿勢が懸念されているが、今度はハンバーガー屋とプロレス屋の起用とは……。“政権の顔”である国務長官に誰がなるかが、いよいよ注目される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  5. 5

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る