• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハンバーガーにプロレス…トランプ閣僚にまた“変わり種”

 米国のトランプ次期政権の閣僚人事で、またも“変わり種”が登場だ。

 環境保護局長官に温室効果ガス削減に反対するオクラホマ州のスコット・プルイット司法長官(48)を起用したのに続いて、労働長官に最低賃金引き上げなど労働者保護政策に反対してきたファストフード大手CKEのアンディー・パズダー最高経営責任者(66)が決まった。

 CKEはハンバーガーチェーン「カールスジュニア」を展開。セクシーなビキニ姿の女性を使ったテレビCMを流し、「女性を商品化している」と批判を浴びたこともある。

 また、閣僚ポストの中小企業局長に決まったリンダ・マクマホン(68)はプロレス団体WWEの前最高経営責任者。マクマホンは夫ビンス・マクマホンとWWEを設立。プロレス興行に参加したことがあるトランプとビンスが2007年、お互いの代理レスラーを戦わせる「ビリオネア対決」を行い、勝利したトランプがリング上でビンスを丸刈りにした因縁がある。

 トランプは国防長官、国土安全保障長官、安全保障担当大統領補佐官に元将軍を起用。そのコワモテ姿勢が懸念されているが、今度はハンバーガー屋とプロレス屋の起用とは……。“政権の顔”である国務長官に誰がなるかが、いよいよ注目される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  4. 4

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  9. 9

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る