欧州の知識層に話題 世界を動かす「500」と「100」の周期

公開日: 更新日:

「500&100」――。2017年に迎える2つの「周年」が欧州の知識層の間で話題だ。1517年のルターの宗教改革と1917年のロシア革命を指し、世界史にうねりを引き起こした2大転換期と現在の国際情勢が非常に似通っているというのだ。

 2つの歴史的エポックの共通点は、「エリートVS庶民」の運動であること。どちらも既存の権力に属さない人々の運動であり、一握りのエリートが支配する権力を激しく批判する運動だった。扇動的なリーダーが大衆の不満を取り込み、またたく間に各地に伝播していった点も同じだ。

「この構造が、英国のEU離脱、米国のトランプ新大統領の誕生、イタリアの国民投票での憲法改正否決と、欧米にうずまくポピュリズム的扇動がもたらす予想外の結果にソックリだという見方が広まっているのです」(英国のある駐在員)


 来年3月のオランダ下院選挙は極右のポピュリズム政党の第1党躍進が有力視され、4月からの仏大統領選で勢いづくのは極右政党党首のルペン候補だ。来年も継続しそうな“まさかの連鎖”の答えを、欧州の知識人は歴史に求めるしかないのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る