欧州の知識層に話題 世界を動かす「500」と「100」の周期

公開日: 更新日:

「500&100」――。2017年に迎える2つの「周年」が欧州の知識層の間で話題だ。1517年のルターの宗教改革と1917年のロシア革命を指し、世界史にうねりを引き起こした2大転換期と現在の国際情勢が非常に似通っているというのだ。

 2つの歴史的エポックの共通点は、「エリートVS庶民」の運動であること。どちらも既存の権力に属さない人々の運動であり、一握りのエリートが支配する権力を激しく批判する運動だった。扇動的なリーダーが大衆の不満を取り込み、またたく間に各地に伝播していった点も同じだ。

「この構造が、英国のEU離脱、米国のトランプ新大統領の誕生、イタリアの国民投票での憲法改正否決と、欧米にうずまくポピュリズム的扇動がもたらす予想外の結果にソックリだという見方が広まっているのです」(英国のある駐在員)


 来年3月のオランダ下院選挙は極右のポピュリズム政党の第1党躍進が有力視され、4月からの仏大統領選で勢いづくのは極右政党党首のルペン候補だ。来年も継続しそうな“まさかの連鎖”の答えを、欧州の知識人は歴史に求めるしかないのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る