田岡俊次氏 「アメリカは中国にケンカを売れない」

公開日: 更新日:

 2017年の世界を揺るがす第一の出来事が、1月20日のトランプ政権の発足であるのはもちろんだ。

 国防長官にJ・マティス海兵大将、国土安全保障長官にJ・ケリー海兵大将、安全保障担当の大統領補佐官にM・フリン陸軍中将を指名したが、国防の要職を将軍で固めることに批判も出る。文民統制維持のため、本来軍人は退役後7年間は国防長官になれない規定なのに、3年前に退役したマティス大将を任命するには法改正が必要で、議会はもめそうだ。

■トランプタワー20階に中国工商銀

 トランプ氏は、イランの核平和利用を認めた2015年7月の「イラン核合意」(米、英、独、仏、中、ロとイランが合意)の破棄か見直しを唱え、露骨な反イスラム観を示す将軍を登用した。事実上のファーストレディーとなる長女イバンカの夫、J・クシュナー氏は厳格なユダヤ教正統派で、イバンカ夫人もユダヤ教に改宗した。米国の財政から見て、中東に新たに軍事介入する可能性は低いが、一層イスラエル右派に傾く政策で緊張が高まりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  5. 5

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

  6. 6

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    東京五輪冷静に考えるべき 引き返せないだけのお祭り騒ぎ

  9. 9

    二世、アイドル、タレント出身…TV局新人アナ誰が化ける?

  10. 10

    美女ファイターだった好川菜々さんは元王者の夫とジム運営

もっと見る