小池新党に目玉 都議選“マドンナ候補”に元女子アナ急浮上

公開日: 更新日:

 4日、「東京大改革を進めるためには改革を進める仲間が必要だ」と宣言した小池都知事。今夏の都議選に向けて40人超の独自候補を擁立し、都議会自民党にガチンコ勝負を挑むつもりだ。アッと驚くマドンナ候補も準備しているらしい。

 小池知事が主宰する政治塾「希望の塾」は今月7日、約3400人の塾生の中から都議選への出馬希望者を対象に筆記試験や面接を実施し、200人程度を選抜する。これとは別に、「小池新党」の第1次公認候補が今月下旬にも発表される見通し。都知事選で小池知事を支援して自民党都連から除名された“7人の区議”、政治塾の運営を担う現役都議ら10人前後が公認されるようだ。そのタイミングに合わせて、“目玉候補”の発表も計画している。

 すでに「小池塾」塾生のエド・はるみ(52)、元テレビ朝日アナの龍円愛梨氏(39)の名前が取りざたされている。ここにきてもう一人、急浮上しているのが、昨年暮れにテレ朝を退社した元アナの佐分千恵氏(39)だ。お茶の水女子大を2000年に卒業後、「スーパーJチャンネル」の週末メーンキャスターなどで活躍した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る