小池新党に目玉 都議選“マドンナ候補”に元女子アナ急浮上

公開日: 更新日:

 4日、「東京大改革を進めるためには改革を進める仲間が必要だ」と宣言した小池都知事。今夏の都議選に向けて40人超の独自候補を擁立し、都議会自民党にガチンコ勝負を挑むつもりだ。アッと驚くマドンナ候補も準備しているらしい。

 小池知事が主宰する政治塾「希望の塾」は今月7日、約3400人の塾生の中から都議選への出馬希望者を対象に筆記試験や面接を実施し、200人程度を選抜する。これとは別に、「小池新党」の第1次公認候補が今月下旬にも発表される見通し。都知事選で小池知事を支援して自民党都連から除名された“7人の区議”、政治塾の運営を担う現役都議ら10人前後が公認されるようだ。そのタイミングに合わせて、“目玉候補”の発表も計画している。

 すでに「小池塾」塾生のエド・はるみ(52)、元テレビ朝日アナの龍円愛梨氏(39)の名前が取りざたされている。ここにきてもう一人、急浮上しているのが、昨年暮れにテレ朝を退社した元アナの佐分千恵氏(39)だ。お茶の水女子大を2000年に卒業後、「スーパーJチャンネル」の週末メーンキャスターなどで活躍した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る