日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

千代田区長選は圧勝確実 小池知事が「石原退治」本格化へ

 小池都知事VS“都議会ドン”内田茂都議の「代理戦争」と位置付けられる千代田区長選が29日、告示された。選挙戦は早くも“小池圧勝”ムードだ。小池知事はドンを圧倒的大差で退治した後、“天敵”石原慎太郎元都知事を豊洲問題で追い詰めるつもりでいる。ビビる慎太郎氏は“ガード”を固め始めているという。

 29日に行われた、ドンが担ぐ自民推薦の与謝野信氏(41)の出陣式には、東京選出の自民党国会議員が駆け付けた。目を引いたのが、慎太郎氏の長男・伸晃氏だ。

 伸晃氏は“小池印”の現職・石川雅己区長(75)について、「5選は長い」と多選批判を展開。ただでさえ石原ファミリーを敵視している小池知事は、伸晃氏の登場に怒りを募らせているという。

「小池知事は民放に慎太郎氏の次男、良純さんがコメンテーターとして出演していることについても、『親の負の遺産を無視して都政について語らせるのはどうか』とツイッターで批判。石原ファミリーへの怒りは相当なものです。伸晃氏が区長選の初日にマイクを握り、敵対演説をしたことについても、苦々しく感じたようです」(都政記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事