• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7・2都議選 「小池圧勝」で自民“第3党転落”の衝撃データ

 都議会自民党が浮足立っている。都議3人の会派離脱に続き、今週はアンチ内田茂都議派の2人が新たに“勉強会”を立ち上げた。来月には十数人規模の集団分裂までささやかれているが、みっともないまでの狼狽にはワケがある。「自民は第3党に転落する」――。6月23日告示、7月2日投開票と日程が決まったばかりの都議選の情勢について、衝撃データが飛び交っているのだ。

 投票率は43.5%。戦後2番目の低さとなった4年前の“ドッチラケ都議選”で、自民は候補59人が全員当選。ぶっちぎりの第1党に輝いたのは、ガッチリ固めた組織票の成せるワザだったが、今夏の都議選は「小池VSドン」の激突にメディアも大騒ぎ。投票率が昨年の都知事選(59.73%)並みに跳ねあがっても、おかしくない。

「小池知事を支援する『都民ファーストの会』が躍進するには、またとない展開です。浮動票が勝敗を左右するなら、無党派の支持を集める“小池新党”が優位に立つ。現在30~40人の候補擁立を目指していますが、ある情勢調査では、どの選挙区に候補を立てても、ほぼ当選確実とのデータが出たといいます。現状で第1党の座は揺るぎないのではないか」(ある党の選対関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る