日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自民都議の分断狙う 小池知事が離脱組に仕掛けた“踏み絵”

 24日、都議会自民党を離脱した都議3人が新会派「新風自民党」を正式に結成した。3人は昨年末に自民党会派を飛び出し、小池都知事の支援を表明したが、今夏の都議選はあくまでも自民党員として戦うという。有権者からすれば、チンプンカンプンだろう。

「3人は議員経験が浅く、都議選で小池新党に刺客を送られたら“即死”とみられていました。公明党が小池知事に接近していることもあり、浮足立っていた。そこを一本釣りされたのです。ところが、3人は自民党と完全に決別することができず、グズグズと態度を決めかねていました。そこへ、自民党都連から『除名せず、新会派容認』の寛大処分を告げられ、自民党籍を捨てることができなくなってしまった。今はどっちつかずの中ぶらりん状態になっています」(都政関係者)

 都議3人が離脱を表明した当初、小池知事は「改革を一緒に目指していければうれしい。勇気に報いたい」と歓迎。都議選で支援する構えだったが、今では優柔不断な3人への気持ちがすっかり冷めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事