金正男殺害 マレーシア警察が北朝鮮籍4人身柄引き渡し要求

公開日: 更新日:

 金正男殺害事件で、21日、マレーシアの保健局が会見を開き、正男の遺体には針で刺されたような痕跡や目立った外傷がなかったことを明らかにした。心臓発作を起こした形跡もないとしている。駐マレーシアのカン・チョル北朝鮮大使は、マレーシア警察が「心臓発作で死亡」と説明したのに司法解剖したことを批判したが、この主張が否定されたことになる。

 そうした中、出てきたのが実行犯の女2人の供述だ。2人は正男にクリームを塗った後、手に痛みが残ったと話している。また、2人は犯行前に空港でリハーサルとしてほかの人にいたずらしたが、その時の道具は普通の水で、体調が悪くなることはなかったという。

 マレーシア警察の長官が22日、記者会見し、「犯行グループの北朝鮮国籍の4人はすでに北朝鮮に帰国したと確信しており、1人は北朝鮮大使館の2等書記官だった。北朝鮮政府に対し、4人の身柄の引き渡しを要請した」と語った。また、同長官は「金正男の息子ハンソル氏はマレーシア入りしていない」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る