• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金正男暗殺の主犯格か? 北朝鮮旅券の男を逮捕と現地報道

 真相解明へ大きく前進か――。

 金正男暗殺事件で、マレーシア警察当局は17日夜、北朝鮮の旅券を持つ男(47)をクアラルンプール市内で新たに逮捕した。警察は男の身元などを特定するとともに、暗殺を主導した主犯格の可能性があるとみている。マレーシアの中国語紙が一斉に伝えた。

 中国報(電子版)によると、今回の暗殺について、工作員とみられる「謎の男」が約3カ月前からマレーシアで勧誘活動を行っていた。ベトナム旅券を持った女、ドアン・ティ・フォン容疑者(28)は約3カ月前、マレーシアでこの男と知り合った。インドネシア人の女、シティ・アイシャ容疑者(25)は1カ月ほど前に知り合ったという。

 今回の男が「謎の男」かは不明だが、以前からマレーシアに繰り返し入国しているのが確認されている。警察はほかに3人の男が事件に関与したとみて、全国の警察に指名手配し、行方を追っている。

 一方、北朝鮮の駐マレーシア大使は17日夜、正男の遺体が安置されているクアラルンプールの病院施設前で事件後、初となる公式声明を発表。正男の速やかな引き渡しを求め、「われわれの許可や立ち会いもなく、一方的に検視を行った」とマレーシアの対応を強く非難した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る