森友学園に新疑惑 小学校建設費「21億8000万円」の調達先

公開日: 更新日:

 認可が絶望的になり、4月の小学校開校が難しくなった森友学園。校舎や体育館は完成間近だが、今改めて注目されているのが、その“建築費”の調達先だ。森友学園が補助金のために国に申請した建築費は21億8000万円。広大な国有地はタダ同然で手に入れたとしても、そんな大金を森友学園が自前で用立てることはほぼ不可能。いったい、どうやって21億円もの資金を手に入れたのか。

 森友学園の経営状況はボロボロだ。2つ運営していた幼稚園のうち、「南港さくら幼稚園」は経営難で休園になり、小学校の認可を審議する私学審の委員からは、「借り入れがね、今持っているものよりオーバーしている」と債務超過が指摘されていた。国交省によると、国有地の賃料に延滞があったことも判明している。よほどの担保がなければ普通の金融機関は融資しにくい相手だ。そこで、国有地の払い下げだけでなく、融資でも大きな力が働いたのではないかと疑問の声が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る