日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

対立と抗争の時代を予感させるG20の「保護主義」容認

 戦後の国際貿易の場で一貫して守られてきたコンセンサスを大きく揺るがす事態だ。ドイツで開かれたG20では、最大の焦点だった「保護主義に対抗する」との文言が共同声明から削除されてしまった。代わりに加わったのは「行き過ぎた世界的な不均衡の是正」である。輸入超過で真っ赤になっている貿易収支を改善するため、米国第一の保護主義貿易を掲げるトランプ政権の強硬姿勢が際立った格好だ。
不均衡の是正で正当化

 他国が米国に輸出するなら、同じくらい米国のモノを購入しろ。そんな狭量な保護主義を、G20は「不均衡の是正」という文言で正当化したわけだ。この動きは、戦後の国際社会が大切に順守してきた自由貿易のルールを根底から覆すことになりかねない。

 公正で開放的で自由な貿易を守って、経済を発展させていく。それが戦後の国際社会の基本的な考えだった。日本経済も、自由貿易の恩恵を享受し、市場の拡大に牽引されながら発展してきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事