米大統領SP金欠危機…トランプ警護の追加費用要求が却下

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領や家族を警護する大統領警護隊(シークレットサービス)が思案投げ首だ。

 トランプは週末ごとに首都ワシントンからフロリダ州の別荘に移動。また、メラニア夫人と息子のバロンはニューヨークのトランプタワーで別居している。従来の大統領一家の警護に比べて多額の経費がかかっている。

 そのため警護隊はトランプらの移動に伴う経費とメラニアとバロンの警護費用として、2018会計年度予算で計6000万ドル(約67億円)の追加を要求したと、22日のワシントン・ポスト電子版が伝えた。

 ところが、行政管理予算局は軍事費以外の経費削減を進めていることを理由に、追加要求を認めなかったという。かといって大統領を丸裸で別荘に行かせるわけにもいかず……。67億円ぐらいトランプのポケットマネーから出してもらえば。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る