小池知事への恨みつらみ 森喜朗会長が出す“悪口本”の中身

公開日: 更新日:

 2020東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(79)が21日、手記「遺書」(幻冬舎)を出す。内容は患うがんとの闘いや、東京五輪への思い――だが、目立つのは、会場問題でバトルした小池百合子都知事(64)への恨みつらみだ。

 例えば、第1章では〈小池都知事が足を引っ張る〉との小見出しで、会場費が膨張したことについて〈小池都知事は組織委員会の責任にしているけれども、それはためにする、私を叩くための論〉とカンカン。小池を〈都民受けするパフォーマンスに明け暮れているだけ〉と断じている。

 さらに、〈小池流『見直し』とは何だったのか〉と題した第5章でも、〈小池さんの一連の『見直し』は、大衆受けを狙った選挙公約のつじつま合わせ〉〈オリンピックに対する冒瀆〉とメッタ切り。終盤は〈私は今、二つの恐怖と闘っているようなものです。一つはガンであり、一つは小池都知事の刃です〉と畳みかけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  8. 8

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る