閉会式の恥さらし 「安倍マリオ」演出は森会長の思いつき

公開日:  更新日:

 リオ五輪閉会式で、安倍首相が「マリオ」に扮してサプライズ登場した演出は世界中の嘲笑の的となったが、これが東京五輪組織委員会の森喜朗会長の発案だったことが分かった。同委員会の武藤俊郎事務総長が明らかにした。

 武藤事務総長によると、森会長が「日本と東京を発信し、東京五輪をPRするのに最適任」と依頼したところ、安倍首相は二つ返事で快諾したという。一国の総理大臣が世界中が注目する場でゲームのキャラクターのコスプレで登場するなど前代未聞の噴飯話。頼む方も頼む方だが、受ける方も受ける方だ。

「小池百合子都知事の登場で立場が危うくなってきた森会長の保身と、東京五輪を首相として開催したい安倍首相の延命の思惑が合致したということ」(自民党事情通)

 そのために多額の税金を使われ、世界中に恥をさらされた国民はいい面の皮だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る