• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

閉会式の恥さらし 「安倍マリオ」演出は森会長の思いつき

 リオ五輪閉会式で、安倍首相が「マリオ」に扮してサプライズ登場した演出は世界中の嘲笑の的となったが、これが東京五輪組織委員会の森喜朗会長の発案だったことが分かった。同委員会の武藤俊郎事務総長が明らかにした。

 武藤事務総長によると、森会長が「日本と東京を発信し、東京五輪をPRするのに最適任」と依頼したところ、安倍首相は二つ返事で快諾したという。一国の総理大臣が世界中が注目する場でゲームのキャラクターのコスプレで登場するなど前代未聞の噴飯話。頼む方も頼む方だが、受ける方も受ける方だ。

「小池百合子都知事の登場で立場が危うくなってきた森会長の保身と、東京五輪を首相として開催したい安倍首相の延命の思惑が合致したということ」(自民党事情通)

 そのために多額の税金を使われ、世界中に恥をさらされた国民はいい面の皮だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る