• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

閉会式の恥さらし 「安倍マリオ」演出は森会長の思いつき

 リオ五輪閉会式で、安倍首相が「マリオ」に扮してサプライズ登場した演出は世界中の嘲笑の的となったが、これが東京五輪組織委員会の森喜朗会長の発案だったことが分かった。同委員会の武藤俊郎事務総長が明らかにした。

 武藤事務総長によると、森会長が「日本と東京を発信し、東京五輪をPRするのに最適任」と依頼したところ、安倍首相は二つ返事で快諾したという。一国の総理大臣が世界中が注目する場でゲームのキャラクターのコスプレで登場するなど前代未聞の噴飯話。頼む方も頼む方だが、受ける方も受ける方だ。

「小池百合子都知事の登場で立場が危うくなってきた森会長の保身と、東京五輪を首相として開催したい安倍首相の延命の思惑が合致したということ」(自民党事情通)

 そのために多額の税金を使われ、世界中に恥をさらされた国民はいい面の皮だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る