海老蔵が野村萬斎が…“のらりくらり”森会長に我慢の限界

公開日: 更新日:

 24日、東京五輪の「第4回文化・教育委員会」「第1回聖火リレー検討委員会」が開かれ、森喜朗組織委員会会長(79)と有識者らが出席した。

「文化――」の会場に入ると、マスコミよりも先に着席していたのは歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)。会議前はサングラスを頭に乗せて熱心に何かをメモしていたが、最後まで口を開くことなく散会。それが、出席者の桂文枝(73)やコシノジュンコ(77)らと共に中村英正企画財務局長を取り囲むと、「毎回同じで話が進まないですよ!」「じゃあレガシーってそもそも何なのか!」と、大きな声で詰め寄っていた。

 我慢の限界だったのは野村萬斎(50)も同じ。

 ロンドンが五輪前に開催したイベント「ロンドン2012フェスティバル」を参考に計画した「東京2020フェスティバル」について、「ロンドンと日本はまったく違う。『ナイン・トゥ・ファイブ』と言うように、ロンドンでは17時以降働かないのが普通だけど、日本は残業国。就業時間(の終わり)を16時くらいにしないと(真似をしても)何も起こらない」とバッサリ。

 森会長の顔色をうかがう出席者がほとんどの中、タレントたちは「忌憚なきご意見」をぶちまけていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る